タンポポは飛ぶ“たんぽ穂”。
           道の端で小さい子がしゃがんで息を吹いている。
           先に歩いているお母さんがその子に早くしろと呼んでいる。
           子供はタンポポの種を息でみんな飛ばさないと気が済まない様子。
           息が小さいので何度も吹きかけなければ種は飛んでいかない。
           だんだんお母さんの声がきつくなってきた。
           やっと子供は手にタンポポを持ちながらのろのろと立ち上がる。
           息を吹きかけ種の行方をみながらゆっくり歩き出した。
           自分の息で種を飛ばすのが面白くてしょうがない、生き生きした子供の顔が印象深いです。

           ① たんぽ穂
a0161063_9133480.jpg


           ②
a0161063_9132721.jpg

           
           
[PR]
by hemi-kame | 2012-06-03 09:16 |
<< 3枚仕立てのプロペラ ジャガイモの花  >>